診療日
月火水金 9:00-12:00 / 14:00-18:00
木曜土曜 9:00-12:00
休診日
日曜日・祝祭日
029-821-0220

BKP(経皮的椎体形成術)

BKP(経皮的椎体形成術)とは?

BKPとは「Baloon Kypoplasty」の略号で、日本語では経皮的椎体形成術といいます。
人間、特に女性は年齢を重ねていくと骨がもろくなる骨粗鬆症になる可能性が高くなります。
骨粗鬆症になると、ちょっとした転倒や打撲で骨が折れやすくなってしまいます。
特に折れやすいと言えるのは、大腿骨頚部、脊椎(せぼね)、手首の骨が挙げられます。
この中で、脊椎の骨折の治療法がBKP(経皮的椎体形成術)です。

BKPは、グラグラする背骨を固めて痛みを止める手術です。
全身麻酔で、背中に約5mm程の切開を潰れた背骨の両側に入れます。
そこから潰れた椎体の中に丈夫な風船を入れ、骨の中で風船を膨らませ、潰れを直し、骨の中に空洞(穴)をつくります。
その後、その穴の中に骨セメントを充填して、骨の内側からグラグラした骨を固めるものです。
手術は20~30分で終了し、出血もほとんどありません。

術後経過について

通常術後2日〜3日程度の入院期間が目安です。
手術する椎体の数や全身状態にて入院の日数やリハビリの期間が変わります。
術後は骨折椎体を保護するために硬性コルセットを約1~2ヵ月程度装着します。

BKP(経皮的椎体形成術)をご希望の方へ

副院長が外勤先である神立病院にて施術を行います。
まずは医院での診察時ご相談ください。

お気軽にご来院ください
どんな些細なことでも構いません。骨や関節でお悩みがありましたらご来院ください。