診療日
月火水金 9:00-12:00 / 14:00-18:00
木曜土曜 9:00-12:00
休診日
日曜日・祝祭日
029-821-0220

腰痛

腰痛の原因

腰痛は、原因が特定できない非特異的腰痛と原因が特定できる特異的腰痛にわかれます。さらに特異的腰痛は、脊椎(背骨)に原因がある腰痛と脊椎以外に原因がある腰痛にわかれます。

まず非特異的腰痛は、物を持ち上げたときや腰をひねったときに生じるぎっくり腰が有名です。非特異的腰痛は原因が特定できずに症状が繰り返されると慢性化します。

つぎに原因が脊椎だとはっきりしている特異的腰痛では、加齢に伴う椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、骨粗鬆症による腰椎骨折、外傷、感染などがあります。

さらに脊椎以外が原因となる特異的腰痛には、泌尿器系、婦人科系、がん・ストレス・抑うつ状態などがあります。

腰痛の診断

腰痛には多くの原因があることから、診察前に詳しい症状を問診票に書きます。その後、医師の診察を受け、必要に応じてX線(レントゲン)、MRI、骨シンチ検査、筋電図、血液、尿などの検査を受けます。診断はこれらを総合して、痛みの原因となっている脊椎や筋肉の場所、感染症の有無などを特定していきます。

腰痛の治療法

腰痛の治療目的は痛みをコントロールすることと原因箇所の修復です。痛みのコントロールは、まずは安静にすること。同時に内服薬、シップ、外用剤、神経ブロック注射、コルセット、牽引、リハビリなどを用い、痛みをコントロールします。また原因箇所を直接修復する外科的治療として手術があります。

腰痛の予防

腰痛になると腰をなるべく使わないようにするため、姿勢が悪くなりかえって症状を悪化させることがあります。このように状況にならないためにも、規則正しい生活をおくること、暴飲暴食は避けること、正しい姿勢を保つこと、前屈みで物を持ち上げないこと、スポーツで腰に過剰な負荷をかけないこと、適度な運動で筋肉を衰えさせないこと、ストレスを溜めないことなどが、腰痛の予防になります。

お気軽にご来院ください
どんな些細なことでも構いません。骨や関節でお悩みがありましたらご来院ください。